耳鳴の疫学研究です。

Otol Neurotol. 2019 Apr;40(4):436-440. doi: 10.1097/MAO.0000000000002161.
Risk Factors for Tinnitus in 37,692 Patients Followed in General Practices in Germany.

耳鳴の疫学研究です。
20の疾患と耳鳴りの関係について検討した結果以下のようでした。
耳鳴りと関連が深い疾患は関連が強い順に
前庭神経炎、メニエール病、耳管の炎症や狭窄、老人性難聴、耳痛や滲出性中耳炎(耳からの浸出液となっているので外耳炎も含むかも)だったということです。
前庭神経炎が最も関連が強いというのは意外でした。感音性難聴が最も関連が深いと思っていたのですが


A total of 20 diseases were significantly associated with tinnitus. The five diagnoses displaying the strongest effect were vestibular neuronitis (odds ratio [OR] = 3.29, 95% confidence interval [CI]: 1.56-6.90), Menière's disease (OR = 3.23, 95% CI: 1.78-5.86), Eustachian salpingitis and obstruction (OR = 2.51, 95% CI: 1.72-3.67), presbycusis (OR = 2.27, 95% CI: 1.93-2.67), and otalgia and ear effusion (OR = 1.99, 95% CI: 1.56-2.53).

コメントは受け付けていません。