耳鳴の疫学研究です。

Otol Neurotol. 2019 Apr;40(4):436-440. doi: 10.1097/MAO.0000000000002161.
Risk Factors for Tinnitus in 37,692 Patients Followed in General Practices in Germany.

耳鳴の疫学研究です。
20の疾患と耳鳴りの関係について検討した結果以下のようでした。
耳鳴りと関連が深い疾患は関連が強い順に
前庭神経炎、メニエール病、耳管の炎症や狭窄、老人性難聴、耳痛や滲出性中耳炎(耳からの浸出液となっているので外耳炎も含むかも)だったということです。
前庭神経炎が最も関連が強いというのは意外でした。感音性難聴が最も関連が深いと思っていたのですが


A total of 20 diseases were significantly associated with tinnitus. The five diagnoses displaying the strongest effect were vestibular neuronitis (odds ratio [OR] = 3.29, 95% confidence interval [CI]: 1.56-6.90), Menière's disease (OR = 3.23, 95% CI: 1.78-5.86), Eustachian salpingitis and obstruction (OR = 2.51, 95% CI: 1.72-3.67), presbycusis (OR = 2.27, 95% CI: 1.93-2.67), and otalgia and ear effusion (OR = 1.99, 95% CI: 1.56-2.53).

カテゴリー: 未分類

漢方処方について

補中益気湯の口訣

1 手足のだるさ
2 言葉が弱い
3 目に勢いがない
4 口の端に泡状唾液
5 味覚低下
6 暖かいものを好む
7 臍の近傍で動悸を触知
8 脈が散大

カテゴリー: 未分類

移精変気

移精変気という考えが東洋医学にあり話を変えて症状をなおすみたいなものだそうです。

 

大野先生の講演から

 

The client is always right.

The patient tells a lie calmly.

と患者さんの態度を両面から示されました。

 

補中益気湯と真武湯で調中益気湯

 

診療の最後には

またお待ちしていますとしめくくるそうです

 

カテゴリー: 未分類

移精変気

移精変気という考えが東洋医学にあり話を変えて症状をなおすみたいなものだそうです。

 

大野先生の講演から

 

The client is always right.

The patient tells a lie calmly.

と患者さんの態度を両面から示されました。

 

補中益気湯と真武湯で調中益気湯

 

診療の最後には

またお待ちしていますとしめくくるそうです

 

カテゴリー: 未分類

移精変気

移精変気という考えが東洋医学にあり話を変えて症状をなおすみたいなものだそうです。

 

大野先生の講演から

 

The client is always right.

The patient tells a lie calmly.

と患者さんの態度を両面から示されました。

 

補中益気湯と真武湯で調中益気湯

 

診療の最後には

またお待ちしていますとしめくくるそうです

 

カテゴリー: 未分類

東洋心身医学会

3月2日に行われた東洋心身医学会では耳鳴りの演題がありました。

耳鳴りに対する柴胡加竜骨牡蠣湯プラス苓桂朮甘湯という佐藤先生の演題でした。

 

あとはめまい関連でSSRI離脱のめまい感に対する連珠飲の症例など

心身と言っても耳鼻咽喉科領域のめまいや耳鳴り症状についての発表が結構多かったです。

来年は何かまとめてみようと思いました。

カテゴリー: 未分類

東洋心身医学会

3月2日に行われた東洋心身医学会では耳鳴りの演題がありました。

耳鳴りに対する柴胡加竜骨牡蠣湯プラス苓桂朮甘湯という佐藤先生の演題でした。

 

あとはめまい関連でSSRI離脱のめまい感に対する連珠飲の症例など

心身と言っても耳鼻咽喉科領域のめまいや耳鳴り症状についての発表が結構多かったです。

来年は何かまとめてみようと思いました。

カテゴリー: 未分類

めまいセミナー質問その2

末梢性めまいの診断治療の仕方
危険なめまいの鑑別を教えてほしい
めまい専門医へ紹介するタイミング
 

抗めまい薬の使い分け
抗めまい薬はメリスロン、セファドール、トラベルミン、アデホスが該当すると思います

 

 

抗めまい薬の効果判定期間
 抗めまい薬はメリスロン、セファドール、トラベルミン、アデホスが該当すると思いますがいずれも比較的即効性があるものですので2週間で効果無ければ中止でよいと思います。

 

 

お最もおおいと言われるBPPVの鑑別、診断、治療
耳鼻科専門医にとっても基礎を見直すいい機会

カテゴリー: 未分類

めまい診療についていただいた質問

Qめまい患者を紹介するタイミング

A DHI日本語版という質問紙を活用していただくのがよいと思います。
2-4週間治療を行ってもDHIが46点以上の重症に入っている場合

Q特に注意しないといけないめまい症状にはどのようなものがありますか?
中枢性のサインとしての ろれつがまわらない。ささえてもたてない。座位が保てない場合には中枢を疑います。

Q高齢者のめまいで注意すべきポイントはありますか?

A高齢者では多因子が要因となっていることが多いですので多面的な評価が必要です。まずは内服薬の種類に注意してみてください。ポリファーマシーでふらつきが増悪することが知られています。あとはサルコペニアや若いころの前庭障害の代償不全が加齢によって顕在化していることがあります。

Qめまいの症状が改善してきたときに薬剤の調節について教えてください。

Aめまいの患者さんは几帳面な方が多いので、ただ減量しましょうと提案するのではなく、薬剤の減らし方をプロトールとして具体的に提案します。
一日三回の薬を二回に減らす 一週間
その後一回に減らす 一週間
その後一日おきにする 一週間
などの方法を提案してます

Q高齢者では服薬数が多いのですがめまい薬の量や調整はどのようにするとよいですか?
Aめまいの治療の主役はリハビリや認知治療であり、薬剤は補助的なものであることを説明します。ポリファーマシーの観点からもめまいの薬はなるべく減らすという考えが良いと思います。リハビリを教えてご自身でめまいを治すという前向きの考え方とともに方法を教えています。

Qめまいの訴える患者さんの来院期間はどのようにされていますか?

A はじめは二週間おきですが徐々に間隔をあけていき、基本的には卒業(終診)をめざします。(めまいに関しては)

Q散歩などの外出が困難な患者さんがいますが家の中で何かできますか?


A 最近はかかと落としをすすめています。立って状態で膝を伸ばした状態でかかとをあげて着地すると言うことを10回繰り返します これを三回 をこなうことを朝昼晩励行してもらいます。

カテゴリー: 未分類

小児科の池野一秀先生の講演からキーワードを抽出します

小児科の池野一秀先生の講演からキーワードを抽出します

小児に飲みやすい漢方薬は
五苓散、小建中湯、甘麥大棗湯で、長期の処方も可能である。
甘麥大棗湯は
タイソウ(大棗)
カンバク(甘草)
ショウバク(小麦)
からなりフルーツクッキーのようなものである

72番甘麥大棗湯は よなき、ひきつけ

甘麥大棗湯証の腹証は腹直筋の緊張が著明


甘麥大棗湯のキーワード
初音ミク
1 お嬢様
2 異常行動
3 甘いものが好き
4 甲高い叫び声
5 夜行性

カテゴリー: 未分類