前庭性片頭痛についての話ですがいくつか質問をいただきました。

本日は日本めまい平衡医学会の医師講習会でした。前庭性片頭痛についての話ですがいくつか質問をいただきました。

まずは
Q1 ミグシスはよい薬だがやめ方について教えてください。
ミグシスの効果は中止後すぐに消失するわけではないことを説明します
通常1−3ヶ月投与した後リハビリテーションと生活指導を併用しつつ
一日2回投与であれば1回投与にして1ヶ月経過を見ます
病態が安定していれば今度は隔日投与つまり一日おきにします
その後2日おきなどに減量をしてやめていきます
症状再燃時にはふたたび増量をします

Q2 VMの診断
VMの診断は問診のみで行うのか
たとえば眼振があったらVMではないのか


Q3 頭痛のない前兆のみの場合でも前庭性片頭痛という診断が可能か

A これは頭痛のない片頭痛を有した前庭性片頭痛と診断してよいと回答しましたが誤りでした。現在の前庭性片頭痛の診断基準では
前兆のある片頭痛あるいは前兆のない片頭痛を有しているというのが
条件となっています
謹んで訂正させていただきます

Q4 前庭性片頭痛における頭痛とめまいの時間関係、同時性に関して質問です。
前庭性頭痛の発作期において、めまいと片頭痛を感じている時間は重なっていないといけないのですか?それとも、数時間や数日のズレならば「同時期」にめまいと頭痛を感じていたということになるのですか?

原文ではassociatedとなっていますので数時間程度のずれまでと考えています。


Q5 また、普通はめまいを感じてから頭痛のことが多いのですか?先生の2013年の論文だと、「めまい後頭痛」より「頭痛後めまい」の方が多かったようですが。

これは私の論文以外、報告では様々であり今のところ一定の見解を得ていないと思います
頭痛の前兆としてめまいを感じているような症例が多いと、めまい後頭痛の割合が多くなりますし頭痛の後のふらふらという症状が目立つと頭痛後めまいということになります
実際にはほぼ同時という症例もあったり、発作ごとに一定してない方もいるので統計を取るのが難しいというのもあります


 

カテゴリー: 未分類

前庭性片頭痛についての話ですがいくつか質問をいただきました。

本日は日本めまい平衡医学会の医師講習会でした。前庭性片頭痛についての話ですがいくつか質問をいただきました。

まずは
Q1 ミグシスはよい薬だがやめ方について教えてください。
ミグシスの効果は中止後すぐに消失するわけではないことを説明します
通常1−3ヶ月投与した後リハビリテーションと生活指導を併用しつつ
一日2回投与であれば1回投与にして1ヶ月経過を見ます
病態が安定していれば今度は隔日投与つまり一日おきにします
その後2日おきなどに減量をしてやめていきます
症状再燃時にはふたたび増量をします

Q2 VMの診断
VMの診断は問診のみで行うのか
たとえば眼振があったらVMではないのか


Q3 頭痛のない前兆のみの場合でも前庭性片頭痛という診断が可能か

A これは頭痛のない片頭痛を有した前庭性片頭痛と診断してよいと回答しましたが誤りでした。現在の前庭性片頭痛の診断基準では
前兆のある片頭痛あるいは前兆のない片頭痛を有しているというのが
条件となっています
謹んで訂正させていただきます

Q4 前庭性片頭痛における頭痛とめまいの時間関係、同時性に関して質問です。
前庭性頭痛の発作期において、めまいと片頭痛を感じている時間は重なっていないといけないのですか?それとも、数時間や数日のズレならば「同時期」にめまいと頭痛を感じていたということになるのですか?

原文ではassociatedとなっていますので数時間程度のずれまでと考えています。


Q5 また、普通はめまいを感じてから頭痛のことが多いのですか?先生の2013年の論文だと、「めまい後頭痛」より「頭痛後めまい」の方が多かったようですが。

これは私の論文以外、報告では様々であり今のところ一定の見解を得ていないと思います
頭痛の前兆としてめまいを感じているような症例が多いと、めまい後頭痛の割合が多くなりますし頭痛の後のふらふらという症状が目立つと頭痛後めまいということになります
実際にはほぼ同時という症例もあったり、発作ごとに一定してない方もいるので統計を取るのが難しいというのもあります


 

カテゴリー: 未分類

前庭性片頭痛の治療についての論文

Otol Neurotol. 2015 Feb;36(2):282-8. doi: 10.1097/MAO.0000000000000656.
Prognostic significance of vestibulospinal abnormalities in patients with vestibular migraine.
Jung JH1, Yoo MH, Song CI, Lee JR, Park HJ.

少し古い論文ですが前庭性片頭痛の治療についての論文です
前庭障害のある前庭性片頭痛は予後不良、投薬治療が必要な症例が多いという論文で前庭性片頭痛の治療を考えるうえで重要な論文で自分の臨床的経験とマッチしている感じです

 

最近自分の症例でのデータが集めにくくなってきています

カテゴリー: 未分類

東洋医学会と神奈川県地方会

京王プラザホテルで東洋医学会でした。

新見先生のランチョンセミナーは大変おもしろかったです。

患者に勧めるモノはエビデンスのある治療、自分や家族にすすめるのはエビデンスがありそうな治療

ということでした

日本漢方新薬という会社ですが

このカイジ顆粒すごい値段です

http://www.newkampo.co.jp/

 

後半は松田邦夫先生でしたが

すぐ役に立つことはすぐ役に立たなくなると言う 小泉信三先生の言葉が引用されていました。

逆に言えば

すぐに役に立たないことこそ本当に役に立つと言うことかもしれません。

 

地方会でしは

感染症のセミナーで

アメリカでの感冒治療に亜鉛のサプリがあるという話で

早速亜鉛を積極的にとろうかお思いました

カテゴリー: 未分類

NPD

A Validated Questionnaire to Assess the Severity of Persistent Postural-Perceptual Dizziness (PPPD): The Niigata PPPD Questionnaire (NPQ).

Yagi C, Morita Y, Kitazawa M, Nonomura Y, Yamagishi T, Ohshima S, Izumi S, Takahashi K, Horii A.

Otol Neurotol. 2019 Jun 18. doi: 10.1097/MAO.0000000000002325. [Epub ahead of print]

 

今話題のPPPDについての新潟大学発の質問紙の論文です。

これまでめまい症と考えられていた患者の多くがPPPDと診断されるようになるとその重症度が問題になるとおもいます。ので

 

カテゴリー: 未分類

続き

病気が治りやすい人の特徴

 

病気を受け入れている。

感謝の言葉が多い

ポジティブな言葉が多い

笑顔が多い

小さなことにくよくよしない

リラックスしている

ストレスにもまあいいかと思う。

人に気軽に相談する

苦しいを表現する(我慢しない)

他人を赦している

自分を認めている。

今を生きている(過去にこだわらない)、

良くなった症状に注目する

医師との信頼関係がある

支えてくれる家族や友人がいる。

 

いくつかは外来において医師として自分自身実感することです。

カテゴリー: 未分類

書籍 どんな薬よりも効果のある治療法

岡田先生の本です

おもに悪性疾患について書かれているのですが参考になります。

 

 

病気を奇跡的に回復させる因子

病気にも意味があると前向きに考える

自分の運命を引き受けて生きる意欲にあふれている。

人のために尽くしたいという強い願望を持っている。

 

 

カテゴリー: 未分類

両側前庭機能低下の認知機能について

両側前庭障害の認知機能についての論文です
球形嚢機能は認知機能と相関しなかったとなっていますが耳石も関係しそうに思います

前庭機能は注意に影響し聴覚は認知全般に影響するとなっています


これだけの症例は集められませんね。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31105513

 

 

 2019 Apr 24;13:340. doi: 10.3389/fnins.2019.00340. eCollection 2019.

Cognitive Function in Acquired Bilateral Vestibulopathy: A Cross-Sectional Study on Cognition, Hearing, and Vestibular Loss.

カテゴリー: 未分類

めまいと不安

J Neurol. 2019 May 9. doi: 10.1007/s00415-019-09351-8. [Epub ahead of print]
Intact vestibular function is relevant for anxiety related to vertigo.

ミュンヘンからの報告です。めまいに関連した不安はしばしば認める症状ですが両側前庭障害では不安が軽度であることからめまいに関連した不安のためには前庭機能が正常である必要があるという論文です。

カテゴリー: 未分類

めまいと不安

J Neurol. 2019 May 9. doi: 10.1007/s00415-019-09351-8. [Epub ahead of print]
Intact vestibular function is relevant for anxiety related to vertigo.

ミュンヘンからの報告です。めまいに関連した不安はしばしば認める症状ですが両側前庭障害では不安が軽度であることからめまいに関連した不安のためには前庭機能が正常である必要があるという論文です。

カテゴリー: 未分類